So-net無料ブログ作成

○3か月ぶりのレッスンでした [サックスレッスン]

[揺れるハート] 7/4(日)お若い方の先生のレッスン

3か月ぶりのレッスンでした。
とりあえず今日は覚え書きを。

また水曜に「大御所先生」のレッスンがあるので、
またその時にお暇でしたらおつきあい下さい。
(何しろ、今月は事情により「自宅待機」での休暇中。ヒマ人なのです(^^;))


[るんるん] 2-5-1 No.1(in any key)

No.2に進んでいたので、No.2の練習をしていたのに、
抜き打ちでNo.1を復習。
一度は見ないで吹けるようになっていたものなので、
1回目で吹けたキーが6つ、
2回目で吹けたキーが6つ、くらいの感じでした。
自分にしちゃ、これでも十分に上出来!

[るんるん] 12 Major Key(1オクターブの往復のみ)

これを間違えたのは不本意だったなー。
1回で吹けない、間違えるものが4個くらいあって、
まことに残念。

トライアドもやる予定だったと思いますが
「先生、トライアドは全部忘れたと思います。今度は復習してきます」
「あ、そうですか…」
先生、ごめんなさいm(_ _)m

[るんるん] Caliente Blues (Easy Jazz Conception)

めっちゃくちゃテンポが速く、自分には大変な曲。
8分音符でこんだけこんがらがる自分。
16分音符とか吹ける人の気が知れないです。
昨日久しぶりにスタジオ練習2.5時間をしたおかげで、
譜読みはほぼ合っていました。
(譜読みからして、いつも間違ってるんですよ、自分(^^;))

[ひらめき]B♭の指遣いについて。

指は常に、人差し指を二つのキーにのせている、が基本姿勢。
つまり、いつでもB♭を吹く準備をしてある状態に。
で、♭じゃない普通のBを吹くときにずらす、という感じで。
自分は逆でした。いつもBの態勢にしてあって
フラットの時だけ、指をずらして二つのキーを押す、という。
だから、指が疲れて、痛くなっていた。
ある角度から、握りこむように、しなやかに、B♭からHigh Dへ…。
人一倍、音のつながりがなめらかで、
指の動きがしなやか[ぴかぴか(新しい)]なこの先生。
自分もウットリ[ハートたち(複数ハート)]させるしなやかさを会得したいものです。

B♭からHighDへの指移動は、去年から教わっているパターン。
High Dは人差し指の付け根で押さえる。
→だんだん身についてきました(今日は自分を誉める^^)

次回こそ、この曲を合格できるように頑張ろう!


nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。